アウトドアでも使える銅鍋作り体験


オーシャンズにて鎚起銅器職人 大橋保隆さんをお呼びして

銅鍋作り体験を開催いたします。


鎚起銅器(ついきどうき)とは、銅板を木槌や金槌で叩いて徐々にかたちをつくっていく伝統工芸です。今は、新潟県燕市にか残っていない貴重な技術です。

その伝統工芸を体験できるワークショップをオーシャンズにて開催します!!

燕市で工房を構える鎚起銅器職人 大橋保隆さんが講師です。

沸かす、茹でる、炒める、揚げる、器として万能な一生使えるお鍋です。

また、自身で叩いて叩いて作り上げる世界でひとつのオリジナル銅板は、一生使える料理の相棒となること間違いなしです。

オーシャンズで販売しているスウェーデントーチと銅鍋を吊せるトライポッドもセットとなっております。

ぜひ、銅鍋をアウトドアにも取り入れてみてください。




日時:8月20日(土)10:00-16:00★会場は9:45~ 作り終えた方からお帰りいただけます。

   ※雨天決行

会場:オーシャンズ(新潟県燕市粟生津272ー1)

会場には冷房がございません。熱中症対策をお願いいたします。

定員:10名まで(中学生以上)★要予約

料金:2万円(1名)スウェーデントーチ、トライポッド付

持ち物:飲み物、昼食(各自用意お願いいたします。セブンイレブン徒歩3分)

キャンセル:3日前までのキャンセルは85%、前日、当日キャンセルは100%の代金を頂きますのでご了承ください。当日、代理人での参加可能です。





閲覧数:45回0件のコメント
  • LINE@
  • Black Instagram Icon